観光スポット

美ら海水族館I 今日は、早起きをして、8時前にホテルを出発。我が家が泊っているホテルは沖縄の名護の近くなので、割と北の方なのだが、それでも美ら海水族館までは遠い。かなり北の先っぽなので、ホテルからでも1時間以上はかかるかな。 パパ情報によると、美ら海水族館は大人気のため、10時過ぎるとツアー客などでごった返してゆっくり見られないそう。そして、この日は日曜日だったので尚更混むだろうということで、開園時間の朝8:30に行ったところ、大正解。パパ、たまにはやるじゃんって感じで私たちが見終わって出る10時過ぎにはもう駐車場は長蛇の列だった。なので、美ら海水族館に行く際は開園時間に行くのがおすすめ。 運転はパパに任せて、後ろで寝てればいいし(笑) 美ら海水族館II 美ら海水族館に到着~~。ベビーカーを借りていざ出陣。 まず、水族館に入ると、浅い水槽みたいなのにヒトデとかナマコとかが居て、タッチプールといって触れるらしい。虫とか爬虫類とか大嫌いだけど、とりあえず怖いものみたさで、ナマコを触ってみた。グニュッっとしてて気持ちいいんだか気持ち悪いんだか分らなかった(謎) 次は、サンゴの海、熱帯魚の海という水槽があり、こちらはとーーってもキレイで面白い。魚も色鮮やかで、タヒチでシュノーケリングをした時を思い出す♪あぁ~シュノーケリングしてまたお魚さんみたいなぁぁ。 そして、クライマックスはなんと言っても、黒潮の海。これは、TVや雑誌でよく見かけるけど、実物は圧巻・・・・のひとこと。ジンベエザメやマンタが優雅に泳いでいて、ビデオを回しながら口開きっぱなし。ぽかーんとずーっと見ていた。見ても見ても飽きないんだな。タヒチに行ったときも1日中シュノーケリングをしてても飽きなかったし。意外にママはお魚を見るのが好きらしい。でも、ジンベエザメとマンタがシュノーケリングしてて近づいてきたら怖いかも(笑)なので、ダイビングはいいや。小さい熱帯魚と戯れるだけで十分さ。 それにしても、噂どおり、世界一の水槽は本当に世界一だった。 古宇利大橋 水族館を見終わった後は、いつものあーたんのお眠りグズグズ。なので、車でドライブしながら寝かせるかということで、古宇利島へ行くことにした。 これがまた、とってもキレイで。その日も晴天だったので、青い空の下には、エメラルドグリーンの海が広がっていて、これまたテンション上がる↑↑と思って、あーたんに見せてあげようかと思ったら、ガン寝Zzzz。ここぞって時にいつも寝ている我が息子よ・・・。まぁ、もっと大きくなったら色んな体験させてあげるから待っててね。

Copyright ©All rights reserved.沖縄と鎌倉の旅.